がくバカ日誌

「何かをしたい!」そんなあなたに送る志ブログ

京都の夜は清水へ。夜の京都観光は東山周辺がオススメ

f:id:gakublog:20171113223036j:image

皆さんこんにちは。昨日20km近く歩いて身体がバキバキのがくです。

皆さんは観光旅行に行った際どんな風に過ごしますか?宿でご飯、温泉に、食べ歩き、夜景を見に行くなどなど様々な過ごし方をされると思います。私も泊った場所や友人などによって変わりますが、京都に行った際には必ず夜行く場所があります。

それが清水寺周辺です!!!なぜ清水寺周辺にわざわざ清水寺が閉門した後の夜に向かうべきなのか?その理由とおすすめのコースについて今日は解説していこうと思います。

なぜ、夜の東山(清水周辺)なのか?  

1.人が少ない

何と言ってもこれです!!!昼間は人だらけな東山一帯ですが、夜は一転殆ど人がいません!!こんな感じに簡単に誰も写ってない写真を撮ることが出来ます!!

f:id:gakublog:20171113211439j:image

たまーに誰かとすれ違う程度の人通りです。

しかし、その分地元の人や住んでいる人などがプライベートな時間を過ごしている時でもあるので騒ぎすぎたりしないようには気をつけましょうね!

2.夜景がきれい

この一帯は夜景が綺麗です。夜景といっても京都の夜景で日本の古き良き情緒漂う夜景といったところでしょうか?

f:id:gakublog:20171113211847j:image

また、八坂の塔も9時くらいまでライトアップされていてこちらもすごく綺麗です。

f:id:gakublog:20171113212012j:image

3.先斗町へ徒歩圏内

夜の清水観光は最高ですが、これが楽しめるのも9時くらいまで。あまり遅くなると冬は寒いですし、夏でもライトアップなどが消えてしまう時間になってしまいます。

そこで。大切なのがその後に飲みに行けるかどうかではないでしょうか?笑

京都の観光客向けのお店は早い時間で閉まってしまいます。そこで、行くべきなのが先斗町です。

鴨川に程近い先斗町一帯は京都の夜を彩る街です。ここで京都の夜を味わいながら一杯日本酒を楽しむのも京都のいい思い出になるのではないでしょうか?

また、学生などお金がない人の場合は先斗町から一本向こうの道に向かえば高瀬川沿いは若者の歓楽街が広がっています。安い居酒屋などもありますので、仲間と大いに楽しめます。

そんな、先斗町周辺まで徒歩10分程で向かえる所も東山で夜景を楽しむオススメポイントです。

オススメコース

ここではオススメのコースを紹介します。想定としては京都駅からバスで東山に向かい、その後歩いて鴨川や先斗町方面に向かうという想定でコースの順番を決めています。(普段の自分のコースです笑)

自分の目的やその後の行く場所に合わせて参考にしつつ上手く使ってください。

八坂の塔

f:id:gakublog:20171113222034j:image

まずは、京都駅からバスに乗り清水道というバス停で下車します。降りたらバスの進行方向と同じ方向に向かって歩きましょう。

そして、進行方向右手に十文堂というのが見えてきたらそこを右手に曲がります。するとこのように八坂の塔が見える筈です。(写真は朝です)

f:id:gakublog:20171113213548j:image

清水寺

f:id:gakublog:20171113213708j:image八坂の塔を抜けたら案内板通りに進んでいけば清水寺に着きます。中には入れませんが、ライトアップされた夜の清水寺を堪能しましょう。

 

産寧坂

f:id:gakublog:20171113214019j:image清水寺をみたらその道を引き返しして途中曲がり産寧坂へ行きましょう。案内板通りに行けばこちらも辿り着けます。

昼間は人しか写真に収まらないこの産寧坂も夜は京都の街並みを見下ろせる素敵な景色を見せてくれます

二寧坂

 

f:id:gakublog:20171113213849j:image次は二年坂です。案内板通りに行けばこちらも辿り着けます。こちらは緩やかな坂ですが京都の良さを存分に味わえます。坂の上から下からさまざまな景色を楽しみましょう!!

ねねの道

f:id:gakublog:20171113222057j:image

二年坂からは八坂神社・高台寺方面を目指して歩きます。そこで通るのがねねの道です。ここは比較的観光整備が進んだ道ですが、夜は花見小路などとは違い比較的静かです。木々などもあり雰囲気もいいのでデートなどにもGOODです!

石塀小路

f:id:gakublog:20171113222115j:image

ねねの道の途中にあるのが石塀小路です。このような目印があるので見逃さないように歩いてみてください。(二年坂方面から来た場合左手にあります)

 f:id:gakublog:20171113222310j:image

少し寄り道という事で曲がってみればそこはタイムスリップしたかのような空間が広がっています。古き時代に多くの想像が広がります。

マイナーな場所で地元の方もお休み中ですからくれぐれも静かに楽しみましょう。。。!

高台寺

f:id:gakublog:20171113222414j:image

石塀小路を少し楽しんだら引き返しねねの道に戻ります。歩き出してすぐあるのが高台寺です。ここは頻繁に夜間拝観をしているのでしている場合はおすすめです。

f:id:gakublog:20171113222439j:imagef:id:gakublog:20171113222450j:image

このような庭園や茶室がライトアップされていて楽しめます。

また夜間拝観の時期でなくても最初の写真のように、門とそれに向かう坂がすごくきれいなのでぜひ見てみてくださいね。

(円山公園)

f:id:gakublog:20171113222604j:image

これはカッコにしておきました。余裕があれば行ってみましょう。私は大きな坂本龍馬・中岡慎太郎の像を見に必ず立ち寄ります。幕末好きな方は是非!

八坂神社

f:id:gakublog:20171113222700j:image

そしてラストは八坂神社です。ここは比較的夜でもたくさんの人でにぎわっていますね。

ここからは先斗町に向かって夜を楽しむもよし、鴨川の河川敷に行ってたそがれるもよし、宿に帰って明日の観光に備えるも良しです!

まとめ

  • 京都の夜は東山に行くべし
  • 人の少ない夜の都を楽しむべし
  • くれぐれも騒ぐべからず